ローンとの違いはどこにある?

キャッシングはお金を借りる意味で表現をされている言葉ではありますが、お金を借りる方法にもいくつかの種類があります。

同じお金を借りる事でローンというものがありますが、本来の意味から考えると本当はキャッシングとローンでは全く同じ意味とは言い難い部分もあります。

しかし、現在では金融業者でもローン商品を多く紹介し、キャッシングという表現もすることがありますから、あまりよく理解をしていない人では、キャッシングやローンの違い等はあまりよく分からないかも知れません。

もともと、キャッシングという意味は買い物に使うクレジットカードで利用ができる現金を借りる際の行動を指します。また、このようなキャシングでは多くは利用が出来る金額はそれほど大きくはなく、返済も基本的に翌月に一括返済となります。すぐに利用が出来る分金利は高めです。

一時的に小額のお金を必要な時にちょっと借り入れて次月にまとめて返済をすることをキャッシングと呼ぶのです。では、ローンは何が違うのかというと、ローンと呼ぶものはキャッシングよりも金額が大きく返済も分割で行なうことを指します。

その額も数十万から数百万円という額であり、審査は慎重ですが金利は安くなります。借入金額が大きければ、返済も場合によって長期となる事も多いです。

しかし最近では、キャシングでも分割対応ができたりするなど、どちらの特徴を併せ持つものもあり、現在では曖昧となってきています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です