総量規制とキャッシングの関係

キャッシングを利用する際に、一時よく話題となった総量規制についてもう一度おさらいをしておく必要があります。

この総量規制とはどのようなものであるか、理解しているでしょうか?これからキャッシングを利用してみたいという方は、特によく知っておくことが必要かと思われます。なぜならば、この総量規制により今後キャッシング利用が難しくなる場合も考えられるからです。

総量規制とは、賃金法が改正をさせてできた法律です。収入により借入金額の総額の上限が制限されてしまうというものなのです。法律では年収の三分の一以内での借入利用と定められています。

そのため、もしもすでに他で借入をされている人や、これから借入で大きな額を利用したいという方は、この総量規制により新たなキャッシングが出来ない、もしくは借入金額が減額される可能性があるのです。

これは専業主婦には特に大ダメージであり、法の施行後ほとんどの専業主婦は新たなキャッシングが難しくなりました。しかし、この法律は賃金法が適用される消費者金融業者系が対象となります。

銀行系は別の法律の下で運営をしているので、もしどうしてもキャッシングが必要という場合は銀行系のカードローンなどの利用を検討するという考え方もあるのです。

しかし、銀行系は審査も慎重ではあるので気軽に利用というのは難しい面もあります。自分は総量規制で制限の他対象となるのか、よく確認をしてから利用をしましょう。