消費者金融から借金残したまま死んだ父親

私自身は消費者金融を利用したことはありませんが、私の父親が長年消費者金融を利用していました。

父親は自営業を営んでおり、その資金のために消費者金融からお金を借りて商品を仕入れていたようです。

しかしながら消費者金融に借り入れしていた金額だけでは経営ができなくなってしまい私の母親や両親、兄弟にまでお金を借りに行っていたそうです。

母親は父親に600万ほど貸したのですが、ある日もう100万貸してくれと母の元に来た際母親が断るとそれ以来家には帰らなくなりました。

それから数年後に突然父親が末期がんで亡くなりました。

突然の死だったので親族がその後の債務の整理におわれたのですが、調べてみるとなんと消費者金融への借金が600万円ほど残っていました。

それだけではなく、取引をしていたお店にも商品代金の支払いを待っていていただいたようで父が死んだ次の日から一斉に家に取り立ての電話がかかってくるようになりました。

最悪だったのは、私の名義で銀行から借りた学資ローンを自分の事業のために使っていたことでした。

家は借金の担保としてすでに抵当に入っており残された私達も600万円の借金を返せるほどの余裕はありませんでした。

結果的に私達家族は相続放棄する形で返済を免れましたが借金は80歳を越えた祖母にすべて被ってしまい我が家の一家は離散状態になってしまいました。

私自身は消費者金融を利用したことはありませんが、消費者金融のCMなどを見ていると非常に明るくて、楽しそうな雰囲気のものが多くてこれを見てお金を借りてもいいかなと思って気軽な気持ちで借りている人がいると思うとちょっと怖いです。

特に最近は若者受けを狙ったようなものが多いので何も知らない若者が軽い気持ちで借りてしまうのではないかと思ってしまいます。

実際に、消費者金融を利用している人は我が家のように切羽詰まった人が多いように思っています。そうした裏面を隠すように明るいCMを流しているのはなんだか解せません。

しかしながら、こうした消費者金融があるからこそ生活ができている人も多くいると思いますので完全悪とは言い切れません。

ちゃんと自分の返せる範囲で利用すれば消費者金融からお金を借りることはなんのリスクもないと思います。しっかりと計画的に利用できる方は利用しても良い気がします。

実際、僕の友達で学生なんですが消費者金融でキャッシングしている方がいます。

こちらで⇒キャッシング学生

利用する最低限の額しか借りないようにしているみたいなので、返済に困ったこともないみたいです。このようにちゃんと利用できるのであれば便利ですよね。

ただし生きていくうえでなるべくこうした消費者金融にはお世話にならないように自分の身の丈にあった生活を心がけるようにしていきたいと常日頃から思っています。