消費者金融から借金残したまま死んだ父親

私自身は消費者金融を利用したことはありませんが、私の父親が長年消費者金融を利用していました。

父親は自営業を営んでおり、その資金のために消費者金融からお金を借りて商品を仕入れていたようです。

しかしながら消費者金融に借り入れしていた金額だけでは経営ができなくなってしまい私の母親や両親、兄弟にまでお金を借りに行っていたそうです。

母親は父親に600万ほど貸したのですが、ある日もう100万貸してくれと母の元に来た際母親が断るとそれ以来家には帰らなくなりました。

それから数年後に突然父親が末期がんで亡くなりました。

突然の死だったので親族がその後の債務の整理におわれたのですが、調べてみるとなんと消費者金融への借金が600万円ほど残っていました。

それだけではなく、取引をしていたお店にも商品代金の支払いを待っていていただいたようで父が死んだ次の日から一斉に家に取り立ての電話がかかってくるようになりました。

最悪だったのは、私の名義で銀行から借りた学資ローンを自分の事業のために使っていたことでした。

家は借金の担保としてすでに抵当に入っており残された私達も600万円の借金を返せるほどの余裕はありませんでした。

結果的に私達家族は相続放棄する形で返済を免れましたが借金は80歳を越えた祖母にすべて被ってしまい我が家の一家は離散状態になってしまいました。

私自身は消費者金融を利用したことはありませんが、消費者金融のCMなどを見ていると非常に明るくて、楽しそうな雰囲気のものが多くてこれを見てお金を借りてもいいかなと思って気軽な気持ちで借りている人がいると思うとちょっと怖いです。

特に最近は若者受けを狙ったようなものが多いので何も知らない若者が軽い気持ちで借りてしまうのではないかと思ってしまいます。

実際に、消費者金融を利用している人は我が家のように切羽詰まった人が多いように思っています。そうした裏面を隠すように明るいCMを流しているのはなんだか解せません。

しかしながら、こうした消費者金融があるからこそ生活ができている人も多くいると思いますので完全悪とは言い切れません。

ちゃんと自分の返せる範囲で利用すれば消費者金融からお金を借りることはなんのリスクもないと思います。しっかりと計画的に利用できる方は利用しても良い気がします。

実際、僕の友達で学生なんですが消費者金融でキャッシングしている方がいます。

こちらで⇒キャッシング学生

利用する最低限の額しか借りないようにしているみたいなので、返済に困ったこともないみたいです。このようにちゃんと利用できるのであれば便利ですよね。

ただし生きていくうえでなるべくこうした消費者金融にはお世話にならないように自分の身の丈にあった生活を心がけるようにしていきたいと常日頃から思っています。

総量規制とキャッシングの関係

キャッシングを利用する際に、一時よく話題となった総量規制についてもう一度おさらいをしておく必要があります。

この総量規制とはどのようなものであるか、理解しているでしょうか?これからキャッシングを利用してみたいという方は、特によく知っておくことが必要かと思われます。なぜならば、この総量規制により今後キャッシング利用が難しくなる場合も考えられるからです。

総量規制とは、賃金法が改正をさせてできた法律です。収入により借入金額の総額の上限が制限されてしまうというものなのです。法律では年収の三分の一以内での借入利用と定められています。

そのため、もしもすでに他で借入をされている人や、これから借入で大きな額を利用したいという方は、この総量規制により新たなキャッシングが出来ない、もしくは借入金額が減額される可能性があるのです。

これは専業主婦には特に大ダメージであり、法の施行後ほとんどの専業主婦は新たなキャッシングが難しくなりました。しかし、この法律は賃金法が適用される消費者金融業者系が対象となります。

銀行系は別の法律の下で運営をしているので、もしどうしてもキャッシングが必要という場合は銀行系のカードローンなどの利用を検討するという考え方もあるのです。

しかし、銀行系は審査も慎重ではあるので気軽に利用というのは難しい面もあります。自分は総量規制で制限の他対象となるのか、よく確認をしてから利用をしましょう。

主婦にとって、急な出費が一番痛い。

家計を預かる主婦にとって、日々の生活費を節約して安心して暮らせるように賄っていくことは、容易ではありません。

水道代、光熱費、食費・・・など、いつも無駄遣いしていないか厳しく自分をチェックしながら、やっているからこそ、毎月の支払いが滞りなくできるというものです。

「あー、今月もなんとか切り抜けた。」と、思っておる主婦の方が、世間にはいっぱいいらっしゃることでしょう。

そんなふうに、切り詰めて頑張っている主婦にとって、一番こたえるのが急な出費です。中でも冠婚葬祭関係でお金が飛んでいくとき、正直な意見を言わせてもらえば、たまりません。

一度で数万円が無くなるわけですからね。大変です。

月に2回以上の冠婚葬祭が重なってしまったときなんて、本当に大変です。以前も一つ気に3回重なり、10万円以上もお金が無くなってしまいました。

さすがにこの時は、お金を借りなければ生活することができなかったですね。

つらいです。結婚式で呼ばれるのは、自分の時も来てもらったし、お祝い事だし・・・まだ気分が明るいのです。

大好きないとこの結婚式とかは、一緒にもらい泣きしたり、数万円飛んでいっても、あんまりもったいないという気持ちは湧いてきません。

ですが、仏の方は、かなりまいってしまいます。そう、お葬式の方は正直、お坊様が来られてお題目を唱えられるのですが、たった数十分に、何万円も払うなんておかしいよね。

とか、棺おけもどうせ燃やしてしまうのに、何万円もかけるなんて自分が仏さんだったら、絶対に嫌だなと思います。

でも、遺族の方の気持ちを思えば、少しでもご香典を包んで差し上げて、負担を取り除いてあげなくては!と自分に言い聞かせるのです。

それが親しい親族ならまだいいですが、あったこともない近隣のお年寄りとなると、「何で仕事休んでまで、こんなことしなくてはならないの?」といささか、むなしい気持ちになります。

あんまり、出し渋りをするのは、どうかと思います。が、もっと効率的に、庶民の暮らしにあった形で葬式の費用を賄えるようなふうにならないかなと、考えてしまいます。

そんな事、本音とはいえ田舎の主婦がいうと、周囲からものすごく批判を受けることは目に見えています。

とにかく、このような急な出費は、主婦にとって、とてもこたえます。お金のあるときに死んでくださいなんてことは、不謹慎ですからね。

ローンとの違いはどこにある?

キャッシングはお金を借りる意味で表現をされている言葉ではありますが、お金を借りる方法にもいくつかの種類があります。

同じお金を借りる事でローンというものがありますが、本来の意味から考えると本当はキャッシングとローンでは全く同じ意味とは言い難い部分もあります。

しかし、現在では金融業者でもローン商品を多く紹介し、キャッシングという表現もすることがありますから、あまりよく理解をしていない人では、キャッシングやローンの違い等はあまりよく分からないかも知れません。

もともと、キャッシングという意味は買い物に使うクレジットカードで利用ができる現金を借りる際の行動を指します。また、このようなキャシングでは多くは利用が出来る金額はそれほど大きくはなく、返済も基本的に翌月に一括返済となります。すぐに利用が出来る分金利は高めです。

一時的に小額のお金を必要な時にちょっと借り入れて次月にまとめて返済をすることをキャッシングと呼ぶのです。では、ローンは何が違うのかというと、ローンと呼ぶものはキャッシングよりも金額が大きく返済も分割で行なうことを指します。

その額も数十万から数百万円という額であり、審査は慎重ですが金利は安くなります。借入金額が大きければ、返済も場合によって長期となる事も多いです。

しかし最近では、キャシングでも分割対応ができたりするなど、どちらの特徴を併せ持つものもあり、現在では曖昧となってきています。

キャッシングとはどのようなもの?

キャッシングという言葉は今では皆が知るものと思われますが、多くの方が持つイメージと言うものはあまり好意的なものではないことが多いものです。

キャッシングは文字通りお金を借りるという事を意味しているのですが、実際はかなりの割合で利用をしているといわれるも、多くの方は住宅ローンやマイカーローンなどでなければおおっぴらにお金を借りているということを口にしないものです。

しかし、キャッシングとひとくちに表現をしても、この言葉には様々な意味合いがあります。ここでは改めてキャッシングとはどのような意味であるのかを考えてみたいと思います。

お金を借りる事を意味しているのですが、本来は小額の借入を指す言葉として用いられていました。しかし、現在では比較的まとまった金額の借入でもキャッシングと表現をするケースも見られるため、昔ほど厳密な表現の使い分けということは少なくなってきているように感じられます。

しかし、本来であればカードローンなどで金額の上限が設定されている中で、何度も貸し借りができるものをキャッシングとして呼ばれ表現をされているケースが多いです。実際でも住宅やマイカーのローンなどでは一回限りの借入となるので、その行為をキャッシングと呼ぶ事は非常に少ないかと思われます。

そのことから、目的があるローンではなく、使い道が自由な借入をキャッシングと呼びます。そのような商品はカードローンなどで主に利用ができるものとなります。

キャッシングはマイナスなイメージ??

どーも、永遠なるフリーター井上君です(‘ω’)ノ

僕井上君は、今年で24歳になるんですが、ある夢を追いかけています。何かはちょっと恥ずかしくて言えないんですが、夢が叶うように日々頑張っています!

その為、就職はせずフリーターとして生計を立てています。

フリーターだと、金銭面では厳しい事も多々あるんですが、時間に融通が利くので僕にはピッタリなんです。

ただ、時には生活費が足らずに困る…なんてことも。

そんなときはキャッシングでお金を借りるようにしています。

そこで、井上君がキャッシング利用方法などキャッシング情報について教えますね(‘ω’)ノ

 

キャッシングについてどのようなイメージをお持ちでしょうか。お金を借りる行為なので多くの方はどこかマイナスなイメージ持ってしまうことでしょう。

同時に、お金を借りているということを公にしたくないという気持ちも抱いていることが多いかと思います。しかし、現在の国内の景気は緩やかに上向き傾向と言いながらも現実は非常に厳しい状況であり、毎日の生活でも金銭のやりくりに頭を悩ませているご家庭も多い事か思われます。

そのような中、今月の給料が入るまでにあともう少し手持ちの現金が欲しい、急な出費で現金が足りないという時にキャッシングという方法を考える方は実に多いのです。その他の理由の方もいらっしゃいますが、利用のキッカケの多くは生活費の工面という場合が多いようです。

統計的にみると数人1人の割合で実は皆キャッシングなどで借入をしているという結果が出ています。このような状況ですから、実は周りの人もキャッシングをしているかも知れないが、冒頭の内容がどうしても付きまとい、皆公表をしていないだけでかなりの人がキャッシングのお世話になっている可能性が高いです。

しかし、いくら悩んでいても他人にお金が足りないなどのナーバスな話題を持ちかけることは気が引けます。

そのため、キャッシングについての悩みや利用についての不安、疑問などを相談したくてもなかなかできないということが現状でしょう。しかし、せっかく利用をするのであれば確実に、そして問題なくスムーズに利用ができるようにしたいものです。

ここでは、初めて利用をされる方はもちろん今まで利用をされていた方にも確認をするということを含め、基本的な知識や疑問、利用方法についてなどをまとめてみました。

なかなか周りに細かな相談ができない話題だからこそ、しっかりとキャッシングに関する知識を身につけることにより、無駄なくそして正しく利用し生活が楽しくなるような利用方法を身につけましょう。